蛇谷 りえ / JATANI RIE

カメラ

canonでモニターがないデジカメが出た。昔のおもちゃカメラ的な。覗き穴とレンズしかないやつ。「撮れた写真を確認するのは、あとからのお楽しみ。」というキャッチコピー。デジタルならではの、モニターみながら露出補正する感じがないってどんな感覚なのか、気になっている。でもデジタルだから撮ったあとに加工するのが主流なので、これができるのかと納得したり。わたしもデジタルで写真をとることが増えたので、私のiphoneのカメラじゃレンズが悪いから、一眼レフで撮るように指摘されるんだけど。やっぱりどうにもあのボリュームが好きになれず持ち歩けない。カメラはフェチだと思ってる。質感とかシャッター音とか愛着が大事。コンデジカメラならいけるかなと考えてた矢先にcanonのそれを見たので余計に考える。私の写真において、何が重要なんだろうかと。

15年前ぐらいも写真を撮ろうとおもって、一眼にするか、コンパクトカメラにするか、同じ問題を考えたことがあった。カメラ好きの先生を紹介してもらって考えた結果、OLYMPUSのXA2を使ってきた。青色がきれいにうつるレンズ。光にあわせてシャッタースピードが自動で調整されるやつ。鳥取にきて、湿気かなにかで壊れた。数年後に、リサイクルショップで同じカメラをみつけて、思わず買ったのが家にあるけど。撮りたいものがなくて、出番がなかった。

この前、大量のアルバムを見返していたら、やっぱり、使い捨てカメラよりも、XA2の方の写真が好きだった、24枚のうち、ぶれぶれの写真が何枚もあるけど、数枚はいい写真があった。15年経ってもそう思えたから大事にしようと思う。この質感をデジタル加工できると思うけど、やっぱこの単純さが好きだ。フィルムの現像代も安くはないけど、だからこそ、撮りたいときに持ち歩こう。そういう思いがないと、わたしはやはりカメラを持ち歩けない。しかし、仕事用のカメラはどうしようかなー。

 

 

2020年08月17日 BLOG

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 521